ボトックス注射をするとコンプレックスをすぐに解消してくれる

サイトメニュー

治療を受ける前の注意点

注射器

ボトックス治療にもデメリットはある

ボトックス治療だと注射をするだけなので、痛みは少なく、跡が残る心配もありません。手術と比べて、ダウンタイムはほとんどありませんので、気軽に整形できて人気があります。しかし、ボトックス治療にはメリットもあればデメリットもあります。まず、ボトックス治療の効果は半永久的ではない事です。エラ削りをする手術であれば、ずっと小顔を維持する事ができますが、ボトックス治療の場合ですと効果は約半年から1年程と言われています。半年経ってすぐに元の顔に戻るのではなく、少しずつ戻っていくのです。ボトックスを注入した部位や体質などによって、効果が現れる期間は異なりますが、遅くても3週間以内で効果は現れます。ボトックスの効果が出た後は、少しずつボトックスは体内で分解されていきますので、効果も薄れていきます。ボトックスの効果を持続させるには、継続的にクリニックへ通って、ボトックスを注入しないといけません。ボトックスは切開手術よりも費用が安く受けられますが、定期的に治療を受けないと効果が持続できないと理解した上で、治療を受けるか判断をしないといけません。効果を持続させるには、繰り返し治療を続ける必要がありますが、何度も治療を続けていくとボトックスの効果は高まっていきます。ボトックスの効果が高まると持続効果の期間も長くなります。最初の治療で半年しかボトックスの効果が持たなくても、次に治療を受けた後は持続期間が1ヶ月延びる事もあります。何度もボトックス治療をしていくと1年に2~3回必要だった治療が、年に1回だけでも効果が持続できるようになりますので、効果が持続できるように定期的にクリニックで治療を受けましょう。ボトックスと体質の相性が良ければ、5回注入して、半永久的効果を得られる事もあるので、試して見ると価値はありますよ。次に副作用です。ボトックスは安全な成分なので、副作用やアレルギーが出る心配はほとんどありませんが、患者によっては稀に副作用やアレルギーが出る事もあります。副作用でよく挙げられるのが内出血と顔面麻痺です。内出血は注射をした際に起こる症状です。注射の細い針が血管に当たった時に起こりやすく、腕の良い医師に治療をして貰えれば内出血が起こる心配はありません。血管を傷つけないように注意して、注射をしてくれますが、細い血管が稀に当たる事があります。しかし、内出血が起こっても慌てる事はありません。内出血が起こっても、1週間程度で治りますし、傷跡が目立つ事はなく、メイクでカバーできます。治療後のケア次第ですぐに治る事ができますので、内出血が起こった時の対処法を医師に確認しておくと安心です。ボトックスには、筋肉を麻痺させる働きがあります。顔にボトックスを大量に注入してしまうと筋肉が麻痺して、硬直状態になります。筋肉が硬直してしまうと表情筋を動かす事ができず、喜怒哀楽が表現しづらくなります。表情筋が弱くなってしまうと、不自然な表情になってしまうので、周囲に整形をした事がばれる可能性が高くなります。しかし、この副作用はボトックスを大量に注入した場合に起こる症状なので、適量を守れば筋肉が硬直する事はないです。ただし、医師の腕によっては適量を間違えてしまう事もありますので、副作用が出ないように慎重に医師を選ぶ必要があります。アレルギーを持っている方は、ボトックスの相性が悪いと頭痛や目眩等の体調不良を起こす危険性がありますので、治療を受ける前にボトックスとの相性を医師に診てもらうと良いでしょう。