ボトックス注射をするとコンプレックスをすぐに解消してくれる

サイトメニュー

自己判断のケアは危険

女性

ボトックス注射の後のケア方法

ボトックス治療は整形手術と比べて、ダウンタイムがほとんどありませんので、治療後に入浴をしても問題ありません。入浴をしても大丈夫ですが気をつけて欲しいのが、ボトックスを注入した部位を乱暴に扱わないようにする事です。なぜなら、患部を乱暴に扱ってしまうとボトックスが他の部位に拡散されてしまうからです。ボトックスが他の部位に拡散されてしまうと、整形したい部分に成分が行き渡らず、効果が現れにくくなります。ボトックスを注入しても、成分が浸透されていないと効果を発揮してくれなくなるので、患部に刺激を与えないようにして下さい。強いマッサージをする等、患部に圧力をかけてしまうと顔が歪んでしまって、理想の仕上がりにならなくなりますので、できるだけ患部に触れないようにしましょう。入浴をしても大丈夫ですが、熱い湯船に浸かってしまうとボトックスが分解されます。ボトックスは熱に弱いので、注入後にいきなり体温を上げてしまうと分解されて、効果が薄れてしまうので、入浴をする際はぬるま湯で浸かるようにして下さい。熱いシャワーで浴びたり、サウナに入ったりするのも禁止です。体温を上げてしまうとボトックスの効果が発揮してくれなくなるだけではなく、ボトックスを注入した部位が腫れて、痛み出しますので注意して下さい。食事制限は特にありませんが、アルコールの摂取は控えて下さい。入浴と同じ理由で飲酒をしてしまうと体温を上げてしまいます。また、アルコールはボトックスとの相性は良くありませんので、治療をした後にお酒を飲んでしまうと内出血や腫れなどの副作用が出る恐れがあります。顔にボトックスを注入すると治療前と比べて、筋肉の動きが弱くなっています。顎に力が入らず、食べ物が噛みにくいと感じたら、柔らかい物を食べるようにすると良いでしょう。ボトックス治療後に仕事や家事等、軽い運動であれば体を動かしても大丈夫です。ただし、激しい運動は控えて下さい。ボトックスを注入した後は筋肉が弱くなっていますので、無理に激しい運動をすると体を壊してしまうので、治療後はできるだけ安静に過ごしましょう。ボトックス治療をした後のやってはいけない行動や期間については、医師によって判断は違ってきますので、治療後は必ずアフターケアを確認しておきましょう。万が一、間違ったケアをして副作用が出た場合は、すぐに医師に相談をして下さい。自己判断でケアをして、注入した部位が悪化してしまうと修正する為の治療を受ける事になります。ボトックスの効果がしっかり発揮できるように気をつけて、ケアをしていきましょう。